スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマゴボウの災難

我が家の敷地の裏には立派なヤマゴボウが自生しています。引越し当時は私より小さかったのが、今では丈は2mくらい。ちょうど浴室のそばにあって、窓をあけるといい感じに鑑賞できます(もちろん、入浴中は閉めてますけど)。

そんな浴室は休日は、格子があるためにことしから窓も網戸も全開にしたのですが、それがヤマゴボウにとって災いとなってしまいました。

DSC01192_20090901074510.jpg

花が格子から顔を出し、ヤマゴボウの葉を食いちぎるのです。
ブチッ、ブチッと・・・・。食べるのではなく、ちぎるだけ。

よくみると、あちこちの葉っぱの先がなくなっている・・・・・。

写真はこの1枚しか撮れなかったのだけど、遠くの葉っぱなどは、くい~と首を伸ばして噛み付き、ブチッとちぎってました。

葉っぱを剪定してくれてるのよね、きっと。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

はっはっは。(しゃれじゃないですよ、葉の...)
ヤマゴボウ、食べてないみたいなので大丈夫ですけど、
一応全草に毒性があるから、ヤマゴボウのためにも(?)
ちと窓から誘引して引っ張ってはなしてあげてもいいかもしれませんね。(花ちゃん「余計なこと、いわないでよ!!」)

☆めんまねえさん
はっはっは・・ダジャレかと思いました(笑)
そうそう、鮮やかな色してますが毒なんですよね~。ま、食べた無いのでよかったです。
プロフィール

陸花の母

Author:陸花の母
2004年4月生まれの兄妹。
茶トラ:甘ったれなおっちゃん猫「陸」(♂)。
黒ミケ:超内弁慶なおてんば猫「花」(♀)。

陸花の木
猫の足跡
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブロとも一覧
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。