スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出~ウリ-1

エリーの次に長くいた猫、ウリちゃん。

ウリは、家の前に落ちてました。
というか、さっきまで居なかったのに、ポツンと子猫がそこに!!!

どうやら誰かが捨ててったようで、ウリちゃんもまだ自分の置かれた状況がわからずにいたところを、「今しかない!」とそっと近寄り捕獲!

もう、これは家で飼うしかないでしょ、とそのまま我が家の猫になったのです。




見てください、この愛くるしさ!!!
Image0126.jpg

かわいさのあまりに写真がブレとる!
Image0127.jpg


ウリ坊のような模様だから「ウリ」と名づけました(安直)。
Image0124.jpg


鳶色の瞳と広いおでこがチャームポイント。
Image0128.jpg

Image0129.jpg


エリーやオーデルたちと同様、家と外を自由に行き来してました。

私が口笛をピッピーと吹くと、同じリズムで「にゃ、にゃー」と鳴いて戻ってくるウリちゃん。
Image0130.jpg

ソファの後ろに回って、「こっから手を出してー!」と遊びに誘うウリちゃん。
おおらかで伸び伸びとした性格のウリちゃん。

そんな自由奔放振りを許さないお方が、ここに・・・
Image0125.jpg
「礼儀がなっとらん!!!」


どうしても子猫のウリをかまってしまうのと、ウリちゃんの自由っぷりが気に食わなかったエリー。

次回からはそんな、エリーとウリの関係や、
この2匹を中心にいろんな猫たちが登場します。


あー、まだまだ続くわー。今、何匹目だ。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ポツンと居た、というか、女ムツゴロウと一緒に住みたいと本能で母さん宅にたどり着いたのかもですね。
猫さんを呼ぶ家ってありますしね。
しかしかわいい子だなあ。
うちにも、うり模様のシマシマこが居るから親近感も。

母さん自身もわからん位たくさんの子が出てきましたね。お馬さんもね。あの子は違うか!

すんごい記憶力を又発揮。
うちはもう...っていうか
私の頭はどうなっとるのだ。

うりちゃんむっちゃかわいいーん。
こんなかわいいの、だれだよ捨てるの。
宝の山を掘り当てて放置するような
ばか者だわ。

で、なになに?陸ちゃん脱走?
外にはエアリーはないのよ!!
どうするのー、過去キジ読まなきゃ。

こんなにかわいい仔が落ちてたら、家族の一員になっちゃうわ~
どうしてそこに?だけど、幸せになれる雰囲気に惹き付けられた
のかもしれませんね。
口笛を吹いたら、同じ様に鳴いて戻ってくるなんて可愛いな。

でもこの愛くるしいウリちゃんをエリーちゃんはお気に召さなかったか...
先住ネコは遠慮したり、ヤキモチ焼いちゃうんですよね~

こんばんは

可愛いね~~~。
これからの展開が楽しみだよ。
人間と同様、僕達も相性があるからね。
もしかしたら、人間よりもシビアかもね。

思い出猫シリーズ、充実してますね~
ほんと、記憶力が凄い!母さん、日記かなんかつけてたのかしら??

で、このウリちゃん、可愛いね~~
トイレの下に新聞紙wwで、金タライ(笑)

エリーさんの教育的指導、楽しみだわww

ウリちゃん、少し小柴に似てるわ。
思い出シリーズ、毎回じ~んとしちゃって
なかなかコメントできないんだよね。
どの子の話も、母の愛情がいっぱい。

↓陸脱走、血の気が引いたわ。
無事に確保できてよかったよぉ~。
百福も、庭にでた時のイキイキ野生の顔をみると
楽しいんだろうなぁ~とは思うけど
皮膚病になるし、ノラ猫もたくさんいるから
いまさらお外では生きていけないと思うわ。

陸君、たまに母と一緒のお散歩で勘弁してあげてね。

☆Purikoさん
ホントに猫は絶えたことがなかったわ。今でもだけど。生まれ変わってやってきてるような気もします。

牛や羊とうつってる写真もあるわよ・・・。なぜ家畜と撮るのか、うちの親・・・。

☆めんまねえさん
日記をつけてたからですよ。小6から社会人になってしばらくまで。今もまたつけようかなーと思うけど、続きそうにない・・。

☆moguさん
エリーちゃんはね、本当に嫌いってわけじゃなかったみたいなんだけどね、ジェラシーはあったみたい、とても。

☆クリちゃん
家の中での相性もあれば、かといって外で野良で生きていくのは厳しいし、シビアかもね。
ウリとエリーの関係もそうだけど、そのあとも色々、やってくれますよ、ウリちゃん。楽しみにね。

☆ほんなさん
はい、日記つけてました。小6から社会人は20代半ばあたりまで(笑)
でもねー猫のこと、どこに書いてあるか探すのは大変でさすがにそこまではしてないけど(笑)
エリーの教育指導は、家長のような迫力はないわよ。
でも、まあ、次回を楽しみにしてて!

☆ちぽちゃん
思い出シリーズは「あなたたちのことを覚えてますよ」というのと、存在を伝えたくてやってるような自己的な企画だから・・・。
コメ、ありがとう。読んでもらえるだけで、これまで会った犬猫たちも(あひるも)幸せだと思ってます。

脱走事件。あっさり片付いてくれてよかったけど、ほんとに危険がいっぱいなのに世間知らずだから、生きてけないわね。
なるべく散歩させようと思う。

プロフィール

陸花の母

Author:陸花の母
2004年4月生まれの兄妹。
茶トラ:甘ったれなおっちゃん猫「陸」(♂)。
黒ミケ:超内弁慶なおてんば猫「花」(♀)。

陸花の木
猫の足跡
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブロとも一覧
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。