スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出~鈴丸

まだまだまだまだ続く思い出シリーズ。
またちょっと忙しくなりそうなので、今のうちにさくさく更新してます。


鈴丸。うちに来たときに鈴のついた首輪をしていたから鈴丸。



これまた近所の人が、迷い猫を拾ったがインコを飼っているために無理、ということでうちに持ってきた。
その頃は生後4~5ヶ月位だったと思う。
Image0087.jpg

首輪をつけていたのだからどっかの飼い猫だと思うんだけど・・・・。
そのまんま我が家の猫になってしまった鈴丸。今思えば、なぜ警察に届け出なかったのだろうか・・・。
まあ、過去のことだ・・。


美男子なうえ、このカフェオレのような薄茶色。惚れ惚れします。
Image0088.jpg


しかし、残念なことに、蓄膿症になってしまいました。蓄膿症・・・一生治りません。
毎日鼻を垂らし、くしゃみをする鈴丸。

しかもその鼻水の威力、恐るべし!!!
他の猫もいやがる悪臭な上、鼻水がかかった壁や床は漂白されてしまうほど。
鈴丸のくしゃみが洋服にかかれば鼻水しぶき模様ができあがります。

いつ、へっっぶし!!!! とやるかわからない。
けど、かわいい鈴丸。鼻を拭いたり、お薬をやりながらかわいがってました。


そんな鈴丸も大人になって、どっかへ行ってしまいました。
Image0089.jpg

たくさんの猫がいた我が家、雌猫は避妊手術をしていたけど雄猫は去勢していませんでした。迷い猫の治療などもしてたため、そこまでできなかったのです。
雌猫はいなくなったとき、どっか赤ちゃんができてしまうと大変だろうからと避妊手術の方を優先してました。


鈴丸・・・鼻のことさえなければ、あの風貌だからどっかでかわいがられるだろうと思うんだけど。
どうか鼻たれでもかわいがってくれる家がありますようにと、祈るばかりでした。


次回は私の心の友猫、富士子の話です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毎日くしゃみで鼻水を飛ばし、
床や服や、シーツやPCやストーブや洗濯機や人の顔に大ダメージを与える・・
うたのことですか?(笑)

迷い猫さんにも治療をしてあげて、
陸花さんのご実家は素晴らしいですね。
ご近所さんも、困った時には あのお家に相談~なんですね。
どの子もみんな、感謝してたことでしょう。

しかし、ほんとに思い出話つきないわね~
いったいどれぐらいの数の動物がいたのかしら…
家族全員が動物好きだったのね
迷い猫の治療なんて、なかなかできないよ

鈴丸くん、キレイな毛色だこと
どっかで幸せになってるといいな

百の「ノラや」ではないけれど、元来の外ネコさんはふっとどこかに行ってしまう時があるんですよね。
だれにも頼らず生きてる清貧な美しさがありますね。
とてもいい顔をしている。
母さんは動物を呼ぶDNAがあるみたいね。。。

母さん一家の動物好きは、近所でも、猫社会でも、有名だったんですね。
「あの家に言ったら(行ったら)なんとかなる」って!
で、ちゃんと、治療したり、避妊したり。。。
中々、出来る事じゃないですよ~

鈴丸君、ホントに綺麗なお顔だわ。
可愛がってもらえたよね、きっと^^v

訪問ありがとうございます

☆kotoさん
ああ、うたにゃんも鼻水を飛ばしてるのよね。本猫もつらいだろうね、と思うとどうにかしてあげたくなるのよね。
外室内自由な猫たちだったから、いなくなったときになるべく困らないようにという方針だったのよ。

☆むちこさん
思い出話を書きながら、何匹飼っていたか数えているところです(笑)

☆Purikoさん
ほんとに、いなくなって、もう飼わないだろうと思っても次々にやってくるのよ。いつからか、今まで死んだ子たちが姿を変えてやってきてると思うようになったわ。

☆ほんなさん
”あそこはいっぱい飼ってるから1匹や2匹、大丈夫だろう”と思う人がいるのよね。
当時は保健所とか熱心に里親募集をしていない時代だったから、この子たちが野良になったら・・・と思うと保護したり、ケアしたりになっちゃったのよ~。
プロフィール

陸花の母

Author:陸花の母
2004年4月生まれの兄妹。
茶トラ:甘ったれなおっちゃん猫「陸」(♂)。
黒ミケ:超内弁慶なおてんば猫「花」(♀)。

陸花の木
猫の足跡
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブロとも一覧
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。