スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出~オヤブン、ビビ、トラ次郎

オヤブンたちの世代は私が赤ちゃんの頃から小学生の頃までいたので、今まで紹介してきた動物の中で結構長い間一緒に過ごした猫たちでした。

小さな私とオヤブン。
Image0075.jpg

母の話によると、ある日、子連れの猫がやってきたそうです。お腹をすかせていてかわいそうに思い、ごはんをあげたのがうちの猫になったきっかけ。

名前の由来は、親だったから「オヤブン」に、その子猫だから「ベイビー」、そして、同じく子猫だけどオスでトラ猫だったから「トラ次郎」(なぜ、次郎かは聞かないでください・・・)


・・ん? ベイビー???

「ビビ」じゃないの?


元は「ベイビー」という名だったらしい。


「ビビ」と私。
ビビと私


赤ちゃんの私が「ベイビー」と発音できず、「ブブッ」だとか「ビビッ」とかいってたから結局は「ビビ」という名になったそうです。

Image0076.jpg

オヤブン親子がきたために、その前にいたオチョは家を出てしまいました。(詳しい話はこちら→


この頃のことで、昔、母がこんな話をしてくれました。

・・・・ある日、洗濯物を干していると家からものすごい猫のうなり声が聞こえてきた。
ああ、ケンカかと思いながら母は洗濯物を干し続けていた。

”わぉ~ん・・・” ”ぅうううぅぉ~ん”

それにしても長いうなり合いだ・・・。
よその猫でもきているのだろうか?

母が様子を見に台所へ戻ってみると・・・・。


なんとビビとわが子が、猫のごはんを食べるのを争っているではないか!!
ビビの猫缶をよつんばいでほおばる私。
これは私のごはん!!と主張するビビ!!
それに対し「わたしんだ!!」と同じくうなり声で返す私・・・・。

「あんた、それがほんとに猫にそっっっくりな声でうなるもんだからさ、感心しちゃったのよ!!」と当時を振り返る母。



・・・・お母さん、感心する前に、止めてくださいな。

ていうような感じでビビやオヤブンとは仲間として育ったようです(苦笑)



オヤブンにビビ。
弟が抱いているハチワレがオヤブン、私が抱いているのがその子どもビビ。
Image0073.jpg


トラ次郎はあいにく、写真がありません。

ケンカが弱かったトラ次郎、しょっちゅう負けてました。
そんなトラ次郎、なわばり争いで追いやられてしまったのか、いなくなってしまいました。


ああ・・・ビビちゃん、いやがってますね~。
Image0074.jpg


この写真は私が小学校4年生の頃にとったオヤブンとビビです。
隕ェ蛻・→繝薙ン_convert_20100506230821


オヤブンとビビは親子仲良く、ずいぶん長いこと我が家にいたんですが、後に「富士子」という猫がきてから静かに去っていってしまいました。

来るもの拒まず、去るもの追わずな我が家でした。


今回はあっさりまとめましたが、次回は犬のムクの話です。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

昔から母さんはネコさんに囲まれていたのですね。
私は幼少のころはワンコだけでした。
あと亀さんかな。

前記事の陸ちゃんの切ない顔ったら!
うちの野性児は、シャワーどころか体を拭くことさえ抵抗するので、入浴シーンは夢のまた夢ですよ。
お馬さんを飼っていたのは一瞬信じてしまい、母さん何者??と思っちゃいましたよ。

写真の中に、当たり前にネコの姿があるって良いな。
子供の頃にネコが側にいると、仲間であり家族であり
友達なんですよね。
ビビちゃんが美味しそうに食べてたから、母サンも
食べたくなったのかしら(笑)
ネコのゴハンを横取りして、唸って争ってる我が子を
見つけたお母様、ビックリしただろうな~

最後のオヤブンとビビちゃんの写真、すごく良い!
母サン、この頃から素敵な趣のある写真を撮ってたのね~

ああ、なんかノスタルジーな世界(*・∀・)
オヤブンかわいいはちわれ~!
しかしすごい動物たくさん飼っていたんですね!
ムク?まだあるんかい!と思っちゃったわ☆
次から次へと動物が行き交う家。
素敵だわ( ´∀` )
陸花母の猫好きは物心付くときには、完成されてたのね。
今日も楽しかったよ♪

陸花の母さんったら、リアル猫娘だったのねウフフ
モノクロの写真っていいなぁ~。
イマドキの子ってデジカメが基本だから、
画像加工しない限り知らないわよねw
昭和ヽ(´ー`)ノバンザーイ

モノクロ写真が良いですね~♪
小さい頃からこれだけ猫に囲まれて暮らすって、
なんか素敵!
ええ!犬のムクもいるのね!(笑)

コメントありがとうございます。

思い出シリーズはまだまだまだまだ続きます。覚悟してね(笑)
モノクロの写真もだけど、カラー写真ももう色あせてしまっていて、一層ノスタルジーな世界になってます。

これからも、古い長い記事におつきあいいただければ幸いです。
過去の動物たちもきっと喜ぶと思います!
プロフィール

陸花の母

Author:陸花の母
2004年4月生まれの兄妹。
茶トラ:甘ったれなおっちゃん猫「陸」(♂)。
黒ミケ:超内弁慶なおてんば猫「花」(♀)。

陸花の木
猫の足跡
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブロとも一覧
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。