スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院騒動

本記事はお食事中以外に読むことをおすすめします。


さて昨日、少し陸のチッコの出が悪かったので動物病院にいきました。
注射をして、チッコもチェックして、膀胱内壁がはがれているのはあるけど、結晶もほぼなくとりあえず出てはいるのでこれで様子をみましょうということになりました。

少ないといっても、そんなときもあるので、病院に行ったし大丈夫と思ってました。
IMGP6896.jpg


ところが、今朝になってトイレに座ってもチッコがでない!

しばらく様子をみてみましたが、何度も何度もトイレに行き、それでも1滴もでない!
チッコをしたいのに、出てくれない。
こんなつらいことはありません。

今日はかかりつけの病院の先生が不在のための臨時休診。

そこで、ネットで調べてもう1つ、今の病院よりちょっと遠いけど隣町内にある病院をみつけました。
休日は休みだけど急患は応じてくれるとありました。

電話して状況を話し、すぐに陸を連れて行くことに。
IMGP6895.jpg

いつもは”えー病院にいくのー?”とじっと隠れてるけど”あ~れ~”と抱きかかえられておとなしく病院へいく陸。

しかし、今日の陸は”昨日行ったのになんで今日も行くの!”と文句をいい、抵抗。
いやがる陸をなだめながらカートに乗せた瞬間・・・・


じょーーーーーーーーーーーー!!


と大量のチッコをカートの中にしました。そして、”くちゃい、くちゃい”とひゃかひゃかする陸。

すぐさま、陸を家に戻し、カートに敷いていたボロ布はチッコまみれなため捨て、そしてさらにカート内に出来たチッコの水溜り・・・・。

出かける前になんてことを・・・でも、出たからよかった。

やれやれ、と水で流し、消臭スプレーをかけ、ボロ布を交換し・・私の手もチッコ臭い・・・・。
手を洗ったけど、なんかまだカートの中も完全に臭いがとれていない感じ。

しかし、のんびりしている場合でもありません。
とりあえず、陸をカートに入れなおし、ほのかにチッコの臭いをさせながら病院へ行ってきました。


IMGP6896.jpg

病院は昭和な香りの漂うこじんまりとしたとこでした。休みのせいか、先生一人しかいません。
診察室の機材もレトロ感漂います。

しかし、休診にもかかわらずお得意さんがワンちゃんのフィラリア予防にきてました。


いよいよ陸の診察、カートの中に水溜りをつくり、そのあとさらに、勢いよくトイレにチッコできた陸でしたが、まだ膀胱内にチッコが溜まっているようでした。

ひどくなると、ソフトボールくらいのおおきさになり、素人が触ってもわかるくらい固くなるそうです。これはかなり危険な状態。

陸はまだ、そこまでいってませんでした。

先生が私に「大丈夫ですか?」と尋ねました。
なんのことかわからず、別に大丈夫だけどな、と思ったら・・・・・・。

陸の尿道にカテーテルをいれて、チッコを抜くので押さえてほしいと・・・・。

これまで、スタッフさんだったり、基本預けて抜いてもらっていたので、まさか私がおさえる羽目になるとは。

尿道の先端は、陸はチッコがでなくて気になってかじったため、血がでています。つまり、痛いです。麻酔を塗りましたが、そこに細いカテーテルを通すなんて、痛くないわけありません。

大きな陸を抱え込むように、かつ優しく押さえながら、ずーっと声をかけてほめちぎってました。強く押さえると逆に抵抗されると重い、陸の動きをみながら、かつチッコを抜きやすいように押さえるよう頑張りました。

シリンジでチッコを抜くと・・・えー!!まだこんなに溜まっていたの?!と驚くくらい、お皿一杯のチッコ。


当然、陸が大人しくしているわけもなく、シリンジを抜く際など、動いてチッコがもれたりします。


診察台も陸も私もチッコがつきます。そして、蒸し暑いなか、陸の抜け毛もベッタリと・・・。
チッコと抜け毛がまとわりつきながらの診察でした。

ああ・・昔骨盤が折れていてそのために腰が曲がって腸が閉塞され、固くなったウン●を肛門からほじくりだすのに、猫をおさえていたときがあったなあ・・・。あのときは診察台も先生もウン●まみれになったなあ・・・。なんてことを思い出してました。

とったチッコを検査すると、PHも真ん中、結晶はなく、ほかに異常もありませんでした。潜血も尿道の先端の影響でした。ただ、遠心分離機にかけたチッコをみると下にモヤッとしたものがかすかに溜まっています。膀胱の内壁などです。そういったものが、ベトッと尿道についてつまってしまったりしたみたいです。

とにかく、膀胱内のチッコはほとんど抜けたのでこれで今日は安心です。

そして気になる費用。
●休日診療、●初診、●カテーテル処置、●尿検査、●注射・・・・・

覚悟はしていました。


が、

なんと5000円もしませんでした。

これでまずは一安心と、陸をカートにいれての帰り、その後カートはジャブジャブと洗剤をつけて洗い、チッコ臭くなった服を洗濯、自分も洗って、一段落。

ま、チッコなんかついたって、洗えばいいんだもんね。

そして・・・

なぜか陸が赤ちゃん返りというか、今以上にベッタリな甘えん坊になってしまった。声も、もともと甘ったるいのですがさらに、甘え声。

なぜ?!

チッコが出てすっきりしたのか?
苦しみを一緒に乗り越えて一体感がでたのか?
怖くて心細くなったのか? 

よくわかりませんが、とにかくベッタリです・・・・・。


その後、陸は
ものすごーい量のチッコを出しています。

いいのだ、いいのだ。

たっくさん出して膀胱の中、きれいにしようね。

明日も様子みて、もしかしたら午前中にお休みをとって通院かもしれません。

はー、チッコくさい午前でした(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

あけちゃいました2012年、おめでとうございます。

2012年、あけましておめでとうございます。
年末いつも以上にバタバタしてブログ更新できませんでしたー。


「大変だったのよー!」
IMGP5745.jpg


何が大変だったかというと、陸です。
27日、いままで順調だった陸がちょっとチッコの出るところが痛いらしく気にしている様子。
”うーん、そろそろまた発症しちゃったかな(尿結晶のこと)、明日病院に連れて行こう”と28日の午前中、休みをとって病院へ。

注射をしてもらい自宅へ戻り、私は会社へ・・・。
また、27日の夜からチッコを出していないため、心配だったので午後母に様子を見に来てもらいました。

28日夜、チッコは出ず。
しかし本猫は目も綺麗だし今のところ元気。

29日の午前、再び病院へ。2~3日はチッコが出なくても尿毒症にならないそうです。
可能な限り、自力で排泄をしてほしい。

夕方まで見守って出なかったら再度病院へ行くことになりました。

さすがの陸もだんだんと様子が変わり、何度もチッコに行きます。リビングに猫トイレを担ぎこみ、そばで様子をみてました。
トイレにいっても出せない。触ってみると私でもわかるくらい膀胱がいっぱいな感じ。陸の顔もくもってきて・・・これはあかーん!!
と夕方まで待てず、病院に電話して、陸を連れて行きました。

これ以上は待てないと、カテーテルをいれて尿を抜くことに。

鎮静剤を打ち、そのあとすぐに吐いた陸・・・。
1時間後にくるように言われ、とぼとぼと帰宅したのでした。

入院も考えたのですが、
以前住んでいたとこの病院で入院したとき、仕事場に連絡が入り「手に負えないのでとりにきてください」と獣医さんにいわれたことがあります。
その獣医さんいわく、
一人ぼっちがすごいストレスになるらしいのと、とても凶暴でこれ以上扱えないとのこと。

一体何があったのかわからないのですが、その経緯から入院はやめました。


29日、処置がおわって自宅に帰還。
このときの陸の写真は撮れませんでした。鎮静剤の影響で気持ち悪いらしく、目もしょぼしょぼし、大人しい陸。
この日の夕食は抜きにして、様子をみていました。とりあえず、チッコは抜いてもらったのであとは薬が醒めるのを待つばかり。

病院から戻った後、ちょっとだけだけど自力でチッコできました。


30日。すっかり薬も抜けていつもの元気な陸。お腹が空いた!と食欲もあるいつもの陸。
しかしチッコはすれどピンポン玉くらい。

引き続き、獣医さんへGO。で、注射。

31日もチッコはすれど、出るのはピンポン玉くらいのが数回。
この日も獣医さんへGO。

これは戻ってきたときの陸。
本猫は元気のつもりです。
IMGP5747.jpg


そして元旦・・・・・。

本当はお休みなのですが、陸を診てくれることになりました。
再び注射して、
明日もお休みだけど診てくれるとのことで通院です。

今朝の病院帰り。
あんた・・・帰る気、満々だねえ。
IMGP5777.jpg


「あけましておめでとうにゃ!」
IMGP5778.jpg

私の休み、私のボーナス・・・全てあなたのものよ。

IMGP5779.jpg

当たり前の排泄ができる日が来ますように。


そんなバタバタと今年の疲れがどっときて、大晦日は夕方に寝込み、起きてみたものの、
てんぷらそばの、油にやられ(普段は強靭な胃袋が・・・)、また寝込んでしまったのでした。

たくさん横になったおかげで今日は何とか大丈夫です。
大人しく過ごしてますです、はい。

今年は平穏な日々でありますように・・・・

て、今、ちょっとでかい地震があったよ!!!!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

いやまいったのよ~

えへっ、ボク、先週はチッコがなかなか出せなかったんよ。
IMGP2805.jpg


ボク、膀胱が麻痺してんだって、はずかちー!!
IMGP2806.jpg


でも今週はようやくたくさん出せるようになったんよ~。
IMGP2807.jpg


先週の後半、陸の1回のチッコが指先ほどしか出ず・・・病院で注射しても変わらず、陸も何度もチッコに行くようになり、母にもつれていってもらったりして連日注射して、ようやくこのまえの日曜日からピンポン玉から、ゴルフボール、そして溜めに溜めたテニスボールくらいのチッコを出すようになりました。

服用薬も変更し、今回抗生剤も使いました。
チッコがあまりでなかったので尿検査はできなかったけど、前回結晶は消えてたので今はないと思います。
抗生剤が効いたことから、チッコのつまりは尿道の炎症による腫れと思われます。

陸は数年前に膀胱麻痺といわれていて、かなりたくさん溜まらないと気づきません。

今回、指先ほどのチッコだったとき、穿刺して出すのかと思ったけど先生は注射で対応しました。
「なるべく自力で出してもらいたい」という方針です。

ここに引っ越す前に通っていた獣医さんはすぐに、管を通して尿を抜いてました。
どちらの治療が適切か、は判断しかねますが、私はこの「自力で出す」に同意してます。

抜いてあげたら、そのうち抜かないと出なくなってしまうのでは、と思ったりします。
チッコを溜めとくのもよくないけど、その見極めは先生が判断されると信じてます。

陸、2日くらいほんのちょっとのチッコでもケロッとしていて食欲もあり、ほんとに大丈夫か?と毎度心配になってきますが、最近こちらもどのレベルまでは大丈夫とか、ちょっと早めに病院にいっとこうとかわかるようになってきました。

麻痺は治らないと思うけど、おいしいおやつが食べれる安定した状態になるまで、頑張ります!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

バレてしまいました

今日も午前中、診察に行ってきました。
尿の顕微鏡写真で結晶が出てしまいました。ちゃんと処方食とお薬を飲んでいたのになぜでしょう(涙)。
これまで尿石症になったことがあると伝えてましたがすみません、陸はまだ「石」ができたことはありません。
結晶は何度かあります。

今回、膀胱炎だけだったのですが、結晶もできてしまいました。

そして今回の結晶は前回と違っていました。
前回はシュウ酸カルシウム、そして今回はリン酸アンモニウムマグネシウム(ストルトバイト)。
2つの結晶を整理します。
・シュウ酸カルシウム
要因:高齢(7歳以上)、体重過多や肥満、尿は比較的酸性など
・リン酸アンモニウム
要因:比較的若くてもできる(5歳未満)、体重過多や肥満、PH6.5以上

ということで、陸は酸性系の結晶も、弱酸性以上の結晶もできてしまう。
PHが下がればシュウ酸系、上がればリン酸、非常に難しい。

とりあえず、今はリン酸アンモニウム結晶を溶かす治療が必要だけども、やじろべえみたいなこの体質、どうすればいいのでしょう?

先生、曰く「とにかく、痩せないとダメだね。」

そして、続けて、こうおっしゃったのです。

「陸ちゃんはさ、中身が人間なんだよ!!!」


ぎくっ!! 

「この子の生活習慣病なんだよね。体質改善が必要。とにかく痩せないと。」


そこでとっさに、私の頭に思い浮かんだイメージは、中年の小太りな、日中はぐうたら寝て食べてばかりの、おっさん。かわいい顔してるけど、陸の中の正体は、会社にいるあんな人やこんな人のような体型・・・町でみかけるあんなおっさん、こんなおっさん・・・・。


とうとう、バレてしまいましたよ、獣医さんに。陸の中身が。

これから私は中のおっさんの体質改善に努めなければならないのです。


診察が終わって、帰る気満々の陸。


最近は、帰りはこうしてちょっと開けてます。おっとりしてるので逃げたりはしません。いざ、というときのことは考えてますが・・・。
IMGP2187.jpg

ゆううつな通院のストレスを少しでも軽くしたい。帰り道は、風のにおいをかいだり、まわりを見たり、楽しんでます。結構、用心深くて人とすれ違ったりすると籠の中にこもります。


共に歩む、治療の道。
IMGP2188.jpg

おっさん、がんばろうね~。



こちらは病院に行く前の陸。
「もしかして、病院・・・?」
IMGP1884.jpg

警戒はしてるけど、逃げたりしません。抱っこされて大人しくカートに入ってくれます。

病院は嫌いだけど、私が懲らしめたり、いじめているわけではない・・・ということは理解してくれていると思ってます。
注射も痛いけど、帰った後は溜まっていたチッコが出せるし、痛みが和らいでいる・・・ということを感じているんじゃないかな?
治療のおかげ、とまで結びついてはないけど、「悪いことされてる」とは思ってないんじゃないかな。


今日はちょっと記事が長くなってしまったわ。


中の人間がおじいちゃんになっても自力でチッコできるように、がんばってまーす(笑)

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

病院に行ってきたよ

「ボク、病院に行ってきたにゃ。」
病院帰り、家が待ちきれない陸。


金曜からチッコの出が少量になり、金曜の夜から土曜の朝にかけてはほとんど出ておらず、土曜の朝、病院へ行ってきました。元々行く予定だったんだけど、陸のチッコを取っていくはずでしたが、これじゃあ、チッコを取るどころか、とにかく膀胱の様子をみてもらわないと。

鎮痛消炎剤と膀胱を保護する注射をしてもらいました。少しでも出ているなら大丈夫と。
もし、このあと出なかったらまた午後にきてくださいといわれました。尿毒症になったら大変です。

今日は1日、陸の観察日。

帰宅後さっそく、トイレする陸。
「出せ、出すんだ! ジョー!」
IMGP1825.jpg

ジョー!まではいかないけど少量のチッコをこのあと何回か出し、だんだん出す量も増えてきたので、病院はまた明日です。

その後の陸の観察・・・・・。


エアリーシェイプでねんね。
IMGP1858.jpg

瞳も綺麗だし、毛並みも悪くない。


そしてこのありさま。
IMGP1861.jpg


人の気も知らないでのんきなもんだ・・・と、ちょっとクヤチイので携帯を置いてみる。
IMGP1862.jpg


「ん? なんですか?」
IMGP1863.jpg

なんでもないよ。お薬のおかげだろうけど、痛みが消えて溜まったチッコも出せれて、すっきりのんびりできるならそれでよし。


尿道からまだちょっと血が出ている状態なのにこのありさま。
IMGP1865.jpg

痛いの、気にしているよりいいや。
IMGP1866.jpg


トイレのこと、あまり私が神経質にならないようにしてます。
チッコしたかしてないか、気にするあまり、陸がチッコしなくなるのもやだし。ただ、しているとき、トイレの後などはチッコの量や回数、陸が痛そうにしてるかどうかなどは確認してます。

そして、チッコした後は、「陸~えらいねー!いい子だね~!!」とベタ褒め。

最近の私が家で大声で発する言葉。
「チッコだして~!」、「おっぴろげーん!」、「おっちゃーん!」

どうか近所に怪しい嫁と思われていませんように・・・・。


おまけ。

今朝の陸。


「今、病院に行こうと思ってるでしょ・・・」
IMGP1819.jpg

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

陸花の母

Author:陸花の母
2004年4月生まれの兄妹。
茶トラ:甘ったれなおっちゃん猫「陸」(♂)。
黒ミケ:超内弁慶なおてんば猫「花」(♀)。

陸花の木
猫の足跡
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブロとも一覧
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。